ホ ー ム お 問 合 せ は こ ち ら か ら ペ ー ジ の ト ッ プ へ 戻 る

Menu

遺品整理・特殊清掃・消臭除菌のことは宮城県仙台市のクヨカサービスにお任せ下さい。

仙台本店

「子どもたちにお墓の負担をかけたくない!」広がる”墓じまい”と”福祉整理”


遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスでございます。


先日放送されていたNHK「クローズアップ現代+」にて、遺骨の処分が特集されていました。


▶あなたの遺骨はどこへ!?~広がる新たな“処分”~
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4023/

お墓を買う余裕がない方などを中心に、「散骨」という選択肢を取る人が増えているのだそうです。とある散骨代行業者によると、サービスを開始して2年で利用者は1,000人を超えているのだとか。


また、すでにお墓のある場合も、遺族が遺骨を手放すケースがあるそうです。いわゆる「墓じまい」です。理由にはさまざまあると思いますが、その中でも「子どもたちに管理の負担をかけたくない」と墓じまいをする方の声が印象的でした。


少子高齢化が進む中で、「子どもに老後・死後の負担をかけたくない」と考える親御さんが増えているように感じます。実際、私たちに寄せられる相談の中にも、「福祉整理」にまつわるご依頼が多いからです。

子どもに負担をかけないための福祉整理


子どもたちも独立し、離れた土地で家庭を築き、今はご夫婦のみ(もしくはお一人)で暮らしているという方。「自分が死んだら、遺品整理やお墓の管理、土地の整理で子どもたちに負担をかけてしまうのではないか…」とお悩みのことも多いのではないでしょうか。


子どもたちの立場からしても、ご家族の想い出の詰まった品々を整理するのは、精神的に辛いもの。離れて暮らしていれば、時間的・体力的にも大変です。葬儀をあげるとなっても、生前に規模や呼びたい人、お墓についてなどの話ができているかというと、難しいですよね。


「家を継ぐ」という考えが強かった昔とは違い、今は「子どもに迷惑をかけたくない」と思う優しい親御さんが増えています。墓じまいと同様に、子どものために「福祉整理」に着手したいという方も。


福祉整理とは、自分の手で想い出を整理して手放すものを決め、身の回りをすっきりさせること。ご自身で所有物をコントロールできますし、不用品にかかっていた維持費も軽減することができます。

■自分の人生は、自分で整理する時代です


「終活」という言葉が一般的になっているように、現代は自分の人生で築いたものを自分で整理する時代です。今は元気でも、いつ入院が必要になるか分かりません。いざという時にご家族に負担をかけないように、身の回りを整理することをご提案しています。


不用品を処分して、家財を整理すれば、部屋の中がとてもスッキリします。生活しやすいように動線を考えた家具配置にしておけば、将来身体が動きにくくなったときにも安心できると思います。


福祉整理と合わせてエンディングノートを作れば、ご家族の負担も減らせますし、自分自身の人生を今一度見直し、残りの人生をより自分らしく過ごせるのではないでしょうか。


福祉整理をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。家財整理以外にも、よりよい人生をおくれるようにアドバイスさせていただきます!





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。

クヨカサービス
遺品整理・特殊清掃・消臭除菌のことは宮城県仙台市のクヨカサービスにお任せ下さい。

遺品整理・特殊清掃・消臭除菌のことならお任せください。

■仙台本店 : 宮城県仙台市青葉区上杉1-16-3 JAビル別館5階

■福島店 : 福島県福島市東中央3-24

■東京青山店 : 東京都港区南青山3-10-41 ジュエル青山3階

■神奈川西部店 : 神奈川県小田原市荻窪531番地

TOP