ホ ー ム お 問 合 せ は こ ち ら か ら ペ ー ジ の ト ッ プ へ 戻 る

Menu

遺品整理・特殊清掃・消臭除菌のことは宮城県仙台市のクヨカサービスにお任せ下さい。

仙台本店

熱中症による孤独死を防ぐために


遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスでございます。
日本全国、異常なまでの猛暑が続いていますね。


今まで体験したことがないような暑さの中、熱中症で搬送される人も相次いでいます。亡くなる人も少なくなく、今年の暑さが「災害」と言われるのもよく分かります。


こうも暑いと、屋外で活動中に熱中症に倒れるだけでなく、室内での熱中症にも気をつけなければなりません。一人暮しの方が室内で熱中症になった場合、そのまま助けを求めることもできず、孤独死に繋がる可能性が高いです。


今回は、孤独死予防の観点から、熱中症について改めて考えてみたいと思います。

高齢者ほど、熱中症になりやすい


夏になると、特殊清掃の依頼も増えます。その理由の1つが、高い気温によりご遺体の腐敗が進み、より難易度の高い特殊清掃が求められるから。そして、熱中症による孤独死が増えることも理由にあると感じています。


熱中症は、暑さや湿度により発汗や循環系にダメージが加わるのが原因。めまいや倦怠感、けいれん、湿疹、意識障害などさまざまな症状が起こります。「ちょっと体調が悪い」「暑さに慣れていないだけかな」と思っている間に、症状が悪化してしまいます。


今年の夏は特に、幅広い年代で熱中症患者が出ています。しかし、一般的には熱中症患者の半数程度が高齢者と言われています。


その理由として、
・高齢者は暑さに鈍い(皮膚の温度感受性が鈍く、暑さを感じにくい)
・暑さに鈍いので、衣服での調節や空調機能の使用が遅れる
・排泄に時間がかかるため、できる限りトイレを減らそうと水分を控える
・クーラーを付けたがらない


などが挙げられます。

孤独死につながる「屋内での熱中症」を防ぐために


高齢者でなくても、今年の夏はどこで熱中症に苦しむか分かりません。孤独死につながる屋内での熱中症を避けるため、以下のことに気をつけて過ごしましょう。

ためらわずにクーラーを付ける

まず徹底したいのが、室内ではためらわずにクーラーをつけるということ。つけっぱなしにすれば電気代を抑えられますし、いざ倒れて病院に搬送されることを考えると、医療費より安く済みます。


クーラーを効率的に効かせるには、以下を意識するといいそうです。
・数時間の外出、寝ているときはつけっぱなしでOK
・扇風機等を併用し、部屋全体を冷やす
・カーテンは閉める
・室外機を濡れタオルで冷やす


一人で家にいると、冷房代がもったいないと思ってしまいますが、健康第一。最高気温が30度を超える日は必ずつける、室内の温度計が30度を超えたら冷房をつけるなど、ルールを決めてもいいかもしれません。

お風呂場に注意

湿度が高いと、熱中症のリスクが高まります。室内で特に気をつけたいのが、お風呂場。入浴時やお風呂掃除など、長時間過ごすときは特に注意しましょう。入浴前後は水分をしっかり補給してください。

こまめな水分補給

室内にいると、ついつい水分補給を忘れがち。のどが渇いたと思う前に、こまめに水分を補給しましょう。1時間に1回など、時間を決めてもいいと思います。また、水分だけでなく塩分を補給することも大切です。


この時、お茶やコーヒ、アルコールは水分補給として考えてはダメ!利尿作用があり、体の水分を外に出してしまうからです。夏は、飲むものにも気をつけたいですね。

しっかり寝て、栄養をとる

寝苦しい夜が続きますが、睡眠時間はしっかり確保しましょう。睡眠不足も、熱中症のリスクを高めます。また、しっかりご飯を食べて、体力をつけておくことも大切です。


クヨカサービスには、連日特殊清掃や遺品整理のご依頼をいただきます。この猛暑の中での作業ですから、水分補給や塩分補給、適切な休憩を取り入れて熱中症予防を心がけています。冷房設備のない場所での作業には、塩飴がおすすめですよ♪


暑すぎる今年の夏、みんなで声を掛け合って、熱中症対策を行いましょう。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。

クヨカサービス
遺品整理・特殊清掃・消臭除菌のことは宮城県仙台市のクヨカサービスにお任せ下さい。

遺品整理・特殊清掃・消臭除菌のことならお任せください。

■仙台本店 : 宮城県仙台市青葉区上杉1-16-3 JAビル別館5階

■福島店 : 福島県福島市東中央3-24

■東京青山店 : 東京都港区南青山3-10-41 ジュエル青山3階

■神奈川西部店 : 神奈川県小田原市荻窪531番地

TOP