仙台の遺品整理・特殊清掃はクヨカサービス

ご相談・お見積

無料

電話受付時間

9:00~20:00

悲喜こもごも。遺品整理にまつわるエピソード事例



遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスでございます。当社は仙台市を中心に宮城県全域、福島県・岩手県・山形県の一部エリアにて遺品整理のご依頼を承っております。

人生の中で遺品整理をする機会というのは、そう多くありません。慣れない作業の連続で思いがけないトラブルに見舞われたり、親族同士の諍いに発展してしまったというお話をよく耳にします。一方、遺品整理をきっかけに親族同士の絆が深まったり、故人の新たな一面を知ることができたというケースもあります。

この記事ではアンケート調査をもとに、遺品整理がきっかけで起きたエピソードをご紹介しています。


参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000078741.html

予想以上の重労働に困惑する人が多数



「終活瓦版」を展開する株式会社林商会の行った遺品整理に関するアンケートでは、慣れない遺品整理で疲労困憊する方たちからさまざまなエピソードが寄せられました。


・父親が銀行の通帳や印鑑、果ては金庫の鍵まで皆に伝えずに亡くなったので、金庫をグラインダーで壊して開けたり、口座に関して銀行を聞きまわるはめになってしまった。
・ネットで把握していた段取り通りに進まず、疲労と睡眠不足のなか2週間以上かけて遺品整理や葬儀手配、火葬手続き、年金や銀行、役場の手続きをした。
・故人は真面目な性格の人でしたがモノを捨てられない性格だったらしく、掃除の面でかなり手こずりました。


人がひとり生活している空間というのは、思った以上に荷物がたくさんあるものです。それが長い期間住んだ家だったり、病気などで思うように整頓できなかった家であればなおさらでしょう。年齢を重ねると、モノを捨てるということが難しくなってしまうという方も少なくありません。


一見したところ荷物が少なそうに見える家でも、実際整理を始めてみると思いのほか大変で、予定が狂ってしまったと感じた方も多いようです。また、ご自身で貴重品を管理してはいたものの、その詳細を知らせないまま亡くなってしまうと、遺された方は内容を把握するのに多大な労力を使うことになります。遺族の立場を経験することで、自分の時は子どもたちに苦労をかけないよう生前整理に取り組もうと改めて決心した方も多いようです。

遺品整理で人とのつながりを感じることも


一方、遺品整理そのものは大変だったが、故人の想いに触れたり親族の絆が深まったと回答した方もいらっしゃいました。


・連絡を頻繁に取る事のない遺族と久しぶりに話す事ができた。昔の思い出話をする機会も減っていたので嬉しかった。
・遺品を整理するのは辛い気持ちばかりになると思っていたが、親が小さい頃に使っていた品物を囲んで家族で思い出話に花が咲いた。
・家のどの部分もきれいに整頓されており、子どもに迷惑を掛けたくないという気持ちが感じられて嬉しかった。


日頃は疎遠な親族が熱心に片付けを手伝ってくれたことで、その人を見直す機会になったというエピソードをお持ちの方も。当社に遺品整理をご依頼頂いたお客様の中でも「最初はどうして自分がと思う気持ちもあったが、遺品整理を通して故人と向き合うことができるようになった。とても良い経験だった」と仰る方が少なくありません。


遺品を囲んで思い出話をしたり親族同士の付き合いが深まるのも、故人への供養のひとつです。これも遺品整理の持つ良い面といえるのではないでしょうか。

遺品整理にまつわる悲喜こもごも



アンケートでは感動的なエピソードから親族間の大きなトラブルまで、さまざまなエピソードが綴られていました。


・資産を愛人にすべて貢いでから亡くなったので、遺されたのは古い実家のみだった。清々しいほどに何も遺さなかったので相続トラブルがなかったのが唯一の救い。
・遺品を巡ってゴタゴタする様を間近で見る羽目になった。揉めるだろうと予想はしていたが、人間の汚さが垣間見えたような気になってしまった。
・故人と仲の良かった遺族とそうでない遺族の間で、遺品の取り扱いを巡ってトラブルになってしまった。
・自分の知らないモノや趣味の遺品を片付けることで、何でも知っていると思っていた親の意外な一面を知ることができた。


大きなトラブルでなくても、故人がこっそり隠していた成人向けDVDや配偶者以外への手紙を発見してしまったというケースなどは、当社でもよく見聞きします。他の親族の目に触れさせるのがしのびない遺品は、当社にご依頼頂ければ、他の遺品と混ぜて目につかないように処分させていただきます。どうぞ安心してご相談ください。

遺品整理をプロに任せるという選択



遺品整理には期限が決められていることが多く、じっくり要るものと要らないものを仕分けるのが難しい場合もあります。大型家具や布団など、運搬が難しいものの処分まで自分たちだけでやろうと思うと、それだけで数日を費やさなくてはならないことも。


遺品整理でお困りの方は、クヨカサービスまでご依頼ください。大型家具や不用品の処分はプロに任せて、じっくりと遺品整理に集中できます。ご予算やご事情に合わせて、業務経験豊富なスタッフが最適なプランをご提案させていただきます。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。