仙台の遺品整理・特殊清掃はクヨカサービス

ご相談・お見積

無料

電話受付時間

9:00~20:00

孤独死現場に直面した時に知っておきたいこと


遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスでございます。
当社は仙台市を中心に宮城県全域、福島県・岩手県・山形県の一部エリアにて遺品整理や特殊清掃のご依頼を承っております。


単身高齢者やコロナ禍の影響によるライフスタイルの変化など、性別や年代を問わず孤独死のリスク増大が問題視されています。当社でも不動産オーナーや管理会社、ご遺族から特殊清掃に関してご相談いただく機会が増えてきたように感じます。今や誰もが孤独死の当事者になる可能性があるのかもしれません。


今回は孤独死が起きた部屋がどのような状態になるのか、また、自分が孤独死の当事者になった時の対応や当社における特殊清掃の手順について解説しています。

孤独死の現場はどうなっているか


お部屋で亡くなった方が発見されるまでの平均日数は約17日とされています。半数以上が14日以内に発見されていますが、発見までに時間がかかればかかるほどご遺体の腐敗が進行し、強い異臭や体液の漏出が発生します。


連絡が取れないことを不審に思った親族や管理会社が第一発見者となるケースがほとんどですが、部屋の外に漏れだした異臭がきっかけになって発見されるケースも少なくありません。蒸し暑い夏の時期はもちろん、冬でもエアコンやこたつを使っていればご遺体の腐敗は早まります。


ご遺体が腐敗して生じる臭いを「死臭」と呼びますが、これはタンパク質を分解する細菌の働きによるものです。生命活動が停止した人間の身体は免疫機能がなくなるため、細菌による分解を防ぐことができません。ご遺体に付着した細菌は、身体の組織を分解しながら繁殖を繰り返します。この時に生じる物質が異臭のもととなるのです。


細菌は湿度や温度が高めの環境を好みます。夏場や暖房の効いた部屋だと腐敗が早く進むのは、そのせいだといえるでしょう。さらに死肉を好むハエなどの害虫も寄ってくるため、孤独死の現場は強烈な臭いと害虫で室内に入ることもままならないほどです。

孤独死が起きた場合の周りへの影響


外にまで異臭が漏れ出ている場合、近隣には以下のような影響が起きていることが考えられます。


・隣の部屋や近隣に臭いが広がっている
・ウジやハエなどが発生している
・下階の部屋に体液や血液を含んだ水分が漏れ出ている


臭いや害虫の問題は非常に厄介で、臭いや害虫が想定していたよりも広範囲に及んでいることも珍しくありません。基本的には発見が遅れれば遅れるほど、事態の収拾に費用と時間が必要になってくると考えたほうが良いでしょう。


速やかに臭いの発生源である現場を清掃するのはもちろんですが、ご近所の方々の感情に配慮した対応も求められます。

もし孤独死の当事者になったら


所有している不動産や親族など、自身が孤独死の当事者となるケースは他人事ではありません。実際に身近で孤独死が発生したらどのように原状回復すれば良いのでしょうか。


先にもご紹介したように、亡くなってから日数が立った現場ほど臭いや害虫による被害が大きく、作業の難易度が高くなります。また現場によっては血液や液状化した組織が建材にまで染み込み、思いがけないところに臭いが広がっていることも。このような状態のお部屋を、再び人が住めるようにするのが特殊清掃です。


・汚染された布団やマットレス、カーペット、畳の撤去
・床板の解体、撤去
・フローリングや畳の張替え
・消臭・除菌
・遺品整理
・不用品処分


当社ではこのような手順で特殊清掃を行っています。特殊清掃業者に依頼する最も大きなメリットは「消臭と除菌」です。強烈な死臭は、一般的な消臭剤や洗剤などでは全く歯が立ちません。クヨカサービスでは、高性能なオゾン脱臭機を使って現場の脱臭を行っています。オゾンには優れた消臭能力があり、異臭に強い効果を発揮します。下処理を徹底的に行い、その後数回に分けてオゾン消臭作業を行います。

換気はNG!窓を開けるのは特殊清掃のあとで


清掃前に一度でも部屋に入った方は、強烈な臭いで一刻も早く窓を開けたくなってしまうでしょう。しかし染みついた死臭は換気程度で消すことができないばかりか、開け放った窓から臭いや害虫が漏れ出し、近隣への被害を拡げてしまうことになりかねません。


当社では、ほとんどの作業を窓を閉めた状態で行っています。臭いを外に出さないという目的にくわえて、作業風景が周りに見えないという利点もあります。お部屋の状態をこれ以上悪化させないためにも、脱臭が完全に終わるまで窓は閉めたままにしておくのが大原則です。

孤独死現場での遺品の取り扱い


特殊清掃が必要な現場では家具や衣類、生活用品など部屋にあるすべてのものに臭いが染みついているケースがほとんどです。大半は処分することになりますが、相続手続きに必要な貴重品や手元に残しておきたい品物も出てくるでしょう。


当社ではご希望を伺ったうえで、残しておく品物の仕分けも行っています。ご遺族様が落ち着いた気持ちで遺品整理を行えるよう、遺品の消臭や梱包も承っております。

特殊清掃は、信頼できる特殊清掃業者へ


クヨカサービスは仙台市を中心に宮城県全域、福島県・岩手県・山形県の一部エリアにて遺品整理や特殊清掃のご依頼を承っております。


特殊清掃が必要なお部屋の片づけは、一般の方には心身に大きな負担がかかる作業です。「とりあえず室内に入れるようにしてほしい」「必要な遺品だけは持ち出してほしい」など、お客様のご予算やご要望に応じて最適なプランをご提案させていただきます。


特殊清掃でお困りの方は、当社までお気軽にご相談ください。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。