仙台の遺品整理・特殊清掃はクヨカサービス

ご相談・お見積

無料

電話受付時間

9:00~20:00

突然の孤独死。プロによる特殊清掃が必要な理由



遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスでございます。当社は仙台市を中心に宮城県全域、福島県・岩手県・山形県の一部エリアにて遺品整理や特殊清掃のご依頼を承っております。

先日発表された政府の「男女共同参画白書」によると、配偶者や恋人を持たない20代の男女が全体の半数を超えたそうです。婚姻率も年々低下しており、都市部を中心に単身世帯が増加傾向にあることも指摘されています。

このようなライフスタイルの変化に伴い、当社に孤独死に関するご相談やご依頼も増えてきたように感じます。今回は孤独死が発生した際、プロの業者による清掃が必要な理由について考えてみたいと思います。

孤独死の現場はどのような状態か



単身世帯の方がお部屋で亡くなった場合、発見まで時間がかかってしまうケースが少なくありません。季節やお部屋の状態にもよりますが、数日でご遺体の腐敗が始まり強い異臭や害虫が発生します。体液の滲出が進むと、寝具やカーペットを貫通して床材や建物の構造にダメージを与えてしまうことも。

ここまでご遺体の傷みが進んでいると、異臭や害虫の影響が家の外まで及んでいることがほとんどです。特に集合住宅や家が密集している地域では、周辺環境に影響が出るレベルで異臭が広がって、初めて孤独死が発覚するケースもみられます。

このような状態になると大家様やご遺族による清掃はもちろんのこと、通常のハウスクリーニングでは対応不可能です。被害を最小限に抑えて物件を再度使用できる状態にするには、専門の技術を用いた特殊清掃が必要になってきます。

プロによる特殊清掃が必要な理由



孤独死が起きた現場の清掃は、一般的な清掃とは全く環境が異なります。特殊清掃と通常のハウスクリーニングにはどのような違いがあるのでしょうか?

血液や排泄物の除去


ご遺体から滲出した体液は血液や排泄物など一般の汚れとは全く異なり、家庭用洗剤では落とすことができません。また、こういった汚れは時間経過で変質し、染み込んだまま黒く固まってしまいます。

特殊清掃の現場では、汚れの性質や状況に合わせて洗剤や機材を選定し、建物へのダメージを最小限に抑えた清掃を手早く行う必要があるのです。

感染症に対する対策


特殊清掃の現場では、細菌やウイルスに対する対策も非常に重要です。ひとが亡くなると体内に潜んでいた病原菌やウイルスの大半は死滅しますが、大気中に放散したウイルスは空気中や体液で数日間生存するといわれています。

SARSやMERSといったコロナウイルスの仲間は、金属やガラス、プラスチックの上で最長9日間生きられるという研究結果も発表されました。また、ご遺体から放出されたもの以外のウイルスや細菌が、密閉された環境で繁殖している可能性もあります。

特殊清掃では、さまざまな感染症に対する対策を講じておくことも必要です。当社では専用の除菌剤や噴霧器で部屋をすみずみまで除菌して、作業スタッフやあとで部屋に入る方の安全を確保しています。確実に除菌することにくわえて、周辺環境に配慮して人体に影響が出ないような配慮も欠かせません。

異臭を漏らさず確実に取り除く


孤独死が発生した際、周りへの影響が最も大きいのが異臭に関する問題です。ご遺体を搬出しても汚染箇所が残っている限り、臭いは残り続けます。亡くなったときの状況や発見されるまでの時間によっては、汚染箇所がフローリングや建材にまで及んでいるケースもあります。

目に見える部分を清掃・除菌するのはもちろん、付着した臭い成分をすみずみまで除去していきます。脱臭が不充分だと、時間が経ってから梅雨時など湿度が上がった時に異臭残りが生じることもあるのです。当社ではオゾン脱臭機などを使用して、臭い成分を根本から分解しています。

清掃中もしっかり現場を密閉して、臭い漏れを最小限に抑えます。作業しているところが外から見えないよう、窓や扉の開放には細心の注意を払っています。

総合的なアフターケア


特殊清掃のご相談でよく聞かれるのが「清掃と消臭を依頼したが、あとから臭いが漏れてきて物件が使えない」というものです。初期対応や業者選びを誤るといつまで経っても臭いが消えないばかりか、建物へダメージを与えてしまうこともあります。

当社では建物の構造をしっかりとチェックしたうえで、被害が建具のみで済んでいるのか、それともコンクリートなどの躯体部分まで達しているのか慎重に判断しています。

場合によっては大規模なリフォームや数回に分けての消臭が必要になるケースもありますが、多くの現場経験に基づいてご遺族様や大家様の負担を最小限に抑えるような提案も行っております

特殊清掃のご相談を承っています



クヨカサービスでは仙台市を中心に宮城県全域、福島県・岩手県・山形県の一部エリアにて遺品整理や特殊清掃に関するご相談を承っております。

孤独死現場の片付けにはスピード感が求められますが、初期対応を誤ると被害や出費がますます大きくなる可能性もあります。当社ではお客様のご事情や予算に合わせたプランをご提案しております。とりあえず中に入れる程度にしてほしいというご要望にお応えして、リーズナブルな価格の「緊急対応パック」もご用意いたしました。

遺品整理や原状回復リフォームなど、特殊清掃にまつわる作業をワンストップで行えるノウハウも有しております。他社様との相見積もりも大歓迎です。どうぞお気軽にご相談ください。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。