ホ ー ム ペ ー ジ の ト ッ プ へ 戻 る

Menu

仙台本店

孤独死現場の悪臭被害をおさえるため、気をつけるべき行動とは?


遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。
当社は、福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で孤独死現場の特殊清掃業務を行っています。


孤独死ということで、ご家族に身寄りのない方のお部屋の片付けになることも多く、不動産管理会社やオーナー様から特殊清掃をご依頼いただくことも増えています。そして、最近よくご質問されるのが、「孤独死現場の悪臭被害をおさえるために、できることはないですか」ということです。


今回は、悪臭被害をおさえるためにやるべきことについてお話します。

孤独死現場の臭いの原因


孤独死の発見状況によって現場の状況は様々です。しかし、当社のような特殊清掃業者にご依頼いただくケースのほとんどは、「死後、相当の時間が経って発見された現場」です。つまり、ご遺体の腐敗により発生した臭いに悩まれている方が多いです。


寒い時期であればまだマシですが、夏場ともなると大変です。ご遺体の腐敗も早く、その程度もひどいので、「漏れ出した異臭により、近隣住民が不審に思い、警察に通報する」ことで事態が発覚するケースもよくあるのです。


血液や体液が臭いの直接的な原因でもありますが、それらが染み込んだ床・布団・壁なども臭いを発する元凶となります。また、死臭は部屋のホコリや汚れ、家財道具にも染み込んでいくので、発見から時間が経過していれば、部屋全体をくまなく掃除するのはもちろん、家財道具の適切な処分も必要になります。

発見時や自分での初期対応時の注意点


業者に清掃を依頼する前に、自分で部屋の中を確認しなければいけない状態だったり、自分でもできるのではと考えて作業を行ったりするかもしれません。


ご自身で部屋に入られる際に臭いを広げないために注意すべきことは、「やみくもに動き回らない」ということです。血液や体液を他の場所に広げてしまうリスクを減らすためです。作業服や靴に付着したのに気づかないまま動き回ってしまうと、広範囲に強い臭いを広げてしまう可能性があります。


少しでも血液等の広がりを防ぐために、不要なタオルや毛布を敷き詰めておいて、後でまとめて処分するという方法を取るのも有効です。血液等が付着したものを運び出して処分する際にも、しっかり梱包して運び出すことが重要です。もちろん、搬出後は梱包材ごと処分してくださいね。

強い異臭は専門業者に


見た目はキレイにすることができても、臭いまではなかなか取り切れないというのが孤独死現場の清掃の難しいところです。ご近所への迷惑を考えると、窓を開けて換気をする…というのもはばかられます。かといって、芳香剤を使うと臭いが混ざってよりひどい臭気になったり、一瞬は消臭できたと思っても、時間が経つと臭いが蘇ってきたりします。


しっかりとした消臭をお望みなら、特殊清掃専門業者に頼むのが安心で確実な方法です。通常のハウスクリーニング業者に頼んでも、消臭の部分はどうしても対応が難しいです。


例えば、当社であれば「オゾン脱臭機」という専門機材を用いて消臭を行います。これは臭いの根源を断ち切ることができる高い消臭効果があり、薬剤を使うわけではないので安心していただけます。消臭と同時に除菌もでき、二次感染防止という意味合いでもこの方法を採用しています。


孤独死現場の清掃は、専門家に依頼することをオススメします。自分でできる作業もありますが、経験したことのない状況を前に静止的なショックも大きくなってしまいます。悪臭被害をおさえるためにはスピード対応も重要ですので、スムーズな事態収束のために業者の技術を活用してください。


当社は特殊清掃だけでなく、ご遺品の整理や原状回復に必要なリフォームも承っています。孤独死現場の対応でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。

クヨカサービス
C YoKaクヨカサービス

遺品整理・特殊清掃・消臭除菌のことならお任せください。

■仙台本店 : 宮城県仙台市若林区沖野2丁目10-64

■福島店 : 福島県福島市東中央3-24

■埼玉店 : 埼玉県加須市川口4丁目8−2

■東京青山店 : 東京都港区南青山3-10-41 ジュエル青山3階

■神奈川西部店 : 神奈川県小田原市荻窪531番地

TOP

C YoKaクヨカサービス