空き家所有者の7割が活用希望!高く売却するコツは?

遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。
当社は、福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で空き家整理や遺品整理を行っています。


アキサポ空き家総研が行った調査結果によると、首都圏の空き家所有者300人のうち、7割以上の人が「活用したい」と回答したことが分かりました。しかし、戸建て空き家の85.2%、マンションの64.8%が1年以上放置されていて、戸建て空き家の46.7%、マンションの42.3%が5年以上放置されているという事態も明らかになりました。


空き家をどうにかしようとするにはお金がかかるので、その点で消極的になっている所有者が多いようです。


今回は、少しでも活用される空き家が増えるよう「空き家を高く売却するポイント」について考えます。

参考;https://www.s-housing.jp/archives/193040

空き家活用が進まない理由


空き家の利活用を望む声が多いのに対し、空き家活用がなかなか進まない実態があります。このアンケートの結果、空き家を放置している理由としては「お金がかかる」「どうしたらよいかわからない」「建物に価値がなさそう」という声が多くを占めています。


相続や親の施設入所などで空き家を所有することが多いですが、自分自身も別の場所に住居を構えている場合、「どうすればいいか分からない」という状態で放置され、時間が経過していくという実態が見えてきました。


空き家を所有していても、管理に手間と費用がかかるばかりです。建物の価値は年々下がってしまいますから、将来的に住む予定がないのであれば、早めに動き出すのが損しないためのポイントです。

空き家を高く売るには?

空き家を売却すると決断したら、少しでも高く売りたいと思いますよね。その際のポイントをご紹介します。

周辺の売却相場を調べる

いきなり売却をするのではなく、中古不動産サイトなどを見て近くの不動産がどのくらいの価格で売却されているのかを見てみましょう。下調べをしておくことで、不当に安く買い叩かれてしまうリスクが減ります。また、どのくらいの売却価格になるかの目処も立つので心の余裕が持てます。

複数の不動産会社に依頼する

売却先を探すときには、複数の不動産会社に相見積もりをしましょう。会社を変えるだけでも料金に差が出ることはよくあります。

建物の修繕や解体を検討する

建物の老朽化が進んでいたり、大きな修繕が必要になる場合は、建物が不動産の価値を下げている可能性があります。ただ、修繕や解体にもお金がかかるので、先んじて進めてしまうのではなく、不動産会社と相談しながら決めるようにしましょう。現況のまま売却し、買い手が解体工事から自由に行ったり、リノベーションを好きに行ったりというケースもあります。

空き家活用の第一歩を始めよう


空き家は、所有しているだけでも維持にお金がかかります。将来的に済む予定がないのなら、早めに手放せるよう動き出すほうがメリットが得られるケースが多いです。


そのためには、解体やリフォームの有無に関わらず、空き家に残された家財道具や遺品を整理する必要があります。モノを整理してしまえば、維持管理の手間も省けていいことだらけです。


ただ、空き家まるごとの整理は処分するものの量も多くなります。自分たちだけでの対応には限界があるので、不用品回収や空き家整理、遺品整理を得意にする業者に依頼する方がオススメです。処分費用はかかりますが、早く手放すことができれば、その分管理にかかる時間と費用を節約できます。


空き家の活用を始めたいという方は、お気軽にご相談ください!





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。