新型コロナウイルスの除菌消毒対策に、特殊清掃業者の技術が生かされている理由

遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。
当社は、福島・仙台・東京・埼玉・神奈川・滋賀の各地で特殊清掃を行っています。


現在、当社では新型コロナウイルス対策として、除菌・消毒のサービスをはじめました。緊急事態宣言が全国に広がり、さらなる自粛が求められる中、どうすれば除菌・消毒ができるのかお悩みの方も多いと思います。


そして、この状況の中全国的に消毒・除菌を行う最前線の業務にあたっているのが、当社を始めとする特殊清掃業者です。ダイヤモンド・プリンセス号の船内消毒にも特殊清掃業者が従事しており、このことから全国的に注目が集まっています。でも、まだまだ知名度の低い職業です。本当に特殊清掃業者に依頼して大丈夫なのか?そもそも特殊清掃業者って何?と不安な方もおられると思います。


今回は、なぜコロナ対策として特殊清掃業者が注目されているのか、ウイルス対策に生かされる技術についてお話します。

特殊清掃業者が除菌や消毒に強い理由


特殊清掃業者とは、普通の清掃では太刀打ちできない状況の清掃を行う専門家です。具体的には、孤独死が起きて発見まで時間がかかった現場や、ゴミ屋敷などの清掃を行います。


こう書くと、「清掃」がメインに思われるかもしれません。しかし、不用品処分やごみ処理であれば、ハウスクリーニング業者や不用品処分業者でも事足ります。特殊清掃業者のスキルが最大に生かされるのが、「空間の消臭・除菌」と「感染対策」です。これは、通常の清掃業者ではできないレベルの対応だと思います。


孤独死が起きたお部屋は、ご遺体の状況にもよりますが、かなりの悪臭です。ご遺体が原型をとどめておらず、体液が飛び散っている現場も少なくありません。故人が感染症を患っていた可能性もあるので、特殊清掃を行う際には最大限の感染対策を行っています。日頃から感染対策を考えて業務にあたっているので、コロナウイルス対策の除菌消毒においてもスムーズに対応をスタートできるというわけです。


また、独特の悪臭を消臭するため、空間に薬剤を噴霧したりオゾン脱臭機を用いたりして徹底的に消臭する技術を有しています。これは除菌と同じで、臭いだけでなくウイルスなどにも効果が期待できます。


特殊清掃業者は孤独死の増加に伴い今後重要性が増してくる仕事です。私たちもその気持を持って日々業務に当たり、啓発活動も続けてきましたが、今回新型コロナ対策として注目を集めることになり、驚きとともに新たな使命感を覚えています。


わたしたちは、「事件現場特殊清掃士」の資格を持ち、高いスキルを備えています。孤独死現場やゴミ屋敷の清掃とは角度が異なりますが、自分たちでは対応できない清掃を行う上では同じです。これまでの現場で培ったノウハウを最大限に活かし、収束に向けて最前線で戦っていければと思います。

当社のコロナウイルス対策のご紹介

特殊清掃業者に依頼したいと思っても、具体的にどんな作業をしているのか?と疑問を持たれるのは当然と思います。
簡単に当社のコロナ対策サービスのご紹介をします。


料金や対応エリア、無償提供のご案内など、サービスの詳細は以下のページをご覧ください。
https://cyoka-s.com/news0401/


当社の作業員は、感染症対応防護服・密閉式ゴーグル・防毒マスクを装着して建物内に入り消毒作業を行います。自分たちが感染者とならないよう、徹底した対応を行っています。そして、厚生労働省が推奨している薬剤を空間に噴霧し、それと並行して壁や床の拭き上げを行います(噴霧だけでは均一にならないので、この拭き上げ作業がとっても大切です!)。故障の可能性がある電子機器に関しては、直接噴霧ではなく手作業での消毒を行っています。


さらに、ドアノブやエレベーターのボタンなど、不特定多数の人が触る部分はさらに丁寧に拭いていきます。


最後に、機材と作業員を薬剤で完全消毒して退出し、作業完了です。


「コロナウイルスの予防や、感染者が発生した際の対策として除菌や消毒をしたい」と思っても、自分でどうやればいいか・誰が引き受けてくれるのか分からないというお悩みを抱えている方は本当に多いと思います。行政もこの点に関してはまだ手が回っていない印象です。


当社はこれまでの技術を生かしてコロナウイルスと戦っていきます。


感染者が発生した、又は疑わしい方がいる場合はすぐにご連絡ください。最短で緊急対応いたします。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。