最新の遺品整理事情は?「業者への依頼」を検討する人52%


遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。
当社は、福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で遺品整理や生前整理を行っています。


新型コロナウイルスの感染拡大につき、離れて暮らすご両親の健康状態が心配だ…という方も多いと思います。「オンライン帰省」が推奨され、いつもとは違った形でコミュニケーションをとられたのではないでしょうか。


株式会社GoodServiceが全国40歳以上の男女を対象に行なった「遺品整理」に関する調査では、現在の大きなトレンドが見えてきました。


今回は、このアンケート結果をもとに、遺品整理について考えてみたいと思います

遺品整理は自分たち?業者に依頼?


今回アンケート結果の中で注目したいのは「遺品整理は、ご自身やご家族・親族で行いますか?」というものです。この質問に対する回答は、


・数ヶ月単位の時間をかけてでも、全て自分たちで行う:47.6%
・自分たちでも行いながら、処分のみ業者に手伝ってもらう:43%
・費用がかかってもいいからすべて業者に依頼する:9.4%


となりました。やはり「自分たちで行う」という考えの方が多いですが、わたしたち遺品整理業者に頼みたいという方も増えてきています。離れて暮らしている家族の遺品整理となると「何をすればいいかわからない」「時間がないし、自分でやると迷って手が止まりそう」という問題が生じます。それを解決するためには、多少費用がかかってもプロに依頼するのが確実です。


「自分たちで行う」と回答した人の中には、「プライバシーが守れない」と理由を挙げた方もいました。確かに、ご自宅にスタッフを招き入れて作業をすることになるので、心配になる方もいらっしゃると思います。引っ越しなら自分で梱包できますが、遺品整理となるとひとつひとつ確認が必要になるからです。


私たちが遺品整理を行う際は、個人情報保護の取り扱いに厳重に注意するよう研修を行っています。遺品整理士認定協会より優良事業所として認定されているので、ご安心いただければと思います。

仏壇などの処分に迷う人が多い


遺品整理を行う中で、「これをどうすればいいですか?」と相談されるもの代表が仏壇やご位牌などの「祭祀」に関するものです。今回のアンケートでも、仏壇や位牌については「どうすればいいかわからない」とこたえた方が35.8%にのぼりました。「そのまま実家に残す」と回答された方も27.8%で、処分したくても困ってしまうという気持ちがうかがえます。


仏壇などを手放す際は、お寺などに依頼して法要をした上で処分する方法を選ばれる方が多いです。先祖代々の魂が眠る場所ですから、丁寧に供養したいところです。仏壇や位牌に限らず、お墓の処遇なども悩まれる方が多いです。親族も高齢化し、後を継ぐ人がいない…という状況になってからでは満足の行く対処が難しくなるので、まだご家族が元気なうちに将来どうするかの指針を話し合っておくことをオススメします。


参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000047059.html


新型コロナウイルスの感染拡大が続き、緊急事態宣言もさらなる延長が発表されました。今しばらく我慢のときが続きます。もし感染症で亡くなった場合、十分なお見送りもできず、ご遺体は荼毘に付されます。新型コロナウイルスの拡大を受け、生前整理や遺品整理について改めて考え始めたという方も少なくないと思います。帰省して直接親と話し合える状況ではありませんが、将来財産をどうするのか、どんな資産があるのか、生前整理をどうやって進めていくか…など、電話やオンライン通話で話し合う時間が持てるといいですね。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。