”とりあえず孤独死現場を確認したい”方にオススメな「緊急対応パック」のご紹介


遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。
当社は、福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で特殊清掃を行っています。


孤独死は年間を通じて発生しますが、特殊清掃としてのニーズを強く感じるのがこれからの暑い季節です。暑い季節は遺体の腐敗が早く、発見されたときには部屋全体の臭気レベルも高い状態になっているからです。


当社は遺品整理や特殊清掃をメイン業務に行っていますが、「とりあえず部屋の中を確認したい」「遺品整理は自分でやるので、最低限の作業をお願いしたい」というご要望をたくさんいただくことがあります。そこで短時間で初期消臭作業をおこなう「緊急対応パック」をご準備していて、ご活用いただいています。

緊急対応パックはこんなときにオススメ


当社の提供している「緊急対応パック」とは、「とりあえず、入室できる状態にしたい!」というご要望にお応えするサービスです。


これからの季節、ご遺体の腐敗スピードも早いので、孤独死が発生したお部屋の対応は困難を極めます。まず部屋の内部を確認して対応を決めたくても、一般の人にとっては入室すら厳しい状況になります。しかし、中もみないまま「すべての清掃と遺品整理をお願いします」と清掃業者に依頼するのはためらわれる方が多いのではと思います。その状態で依頼すると、料金面も正しく請求されるのか(不当に高く見積もられないか)不安ですよね。


また、特殊清掃は自分では難しいけれど、遺品整理は自分たちの手で行いたい…というご遺族さまもたくさんいらっしゃいます。


そんなとき、緊急対応パックをご利用いただけると、部屋の中は基本的にそのままに、ご遺族や不動産業者さまが入室できる状態までの初期対応を行います。


もちろん、緊急対応パックをご利用後、あらためて特殊清掃や遺品整理をご依頼いただくことも可能です。孤独死のあったお部屋をどう片付けていくか、その下準備としてご活用いただければと考えています。

緊急対応パックの作業内容



初期対応として行うのは、
・消臭消毒剤の散布
・表面上の汚染箇所の清掃、回収
・消臭力の高いオゾン脱臭機で消臭・除菌
の作業です。基本的には、これらの対応をすれば、完全に無臭とはいかずとも、中にはいって作業していただけるレベルにはなります。


孤独死された状況にもよりますが、遺体の腐敗が進むと布団やカーペットに体液や血液がしみ込み異臭の発生源となるケースがあります。汚染物を部屋に残したままでは消臭の効果が限定され、時間が絶つごとに臭気が増していきます。そこで、オプション作業でこれら汚染物の回収もご提供しています。


緊急対応パックの料金は、税別80,000円。困ったときに気軽にご利用いただきたいという気持ちで、リーズナブルなパック料金を設定しました。清掃作業や汚染物の搬出を行わないと、部屋の状態は悪化する一方です。一刻も早い対応が求められるのが孤独死現場の清掃です。


すぐに遺品整理には取りかかれない事情があっても、緊急対応パックをご利用いただいていれば、ある程度よい状態をキープできます。「孤独死が発生してしまった。自分では部屋の中を見ることも出来ない、どうしよう…」というときに、まずはご利用いただきたいプランです。万一の際のお守り代わりに、こういうサービスが有ることを覚えておいていただけると幸いです。


先日も、特殊清掃緊急対応パックをご利用いただき、訪問作業を行いました。「遺品整理はご遺族で全て行いたい」「建物を今後どうするか決まっていない」というご移行だったので、ひとまず緊急対応を行い、ご満足いただきました。


緊急対応パックはスピード勝負なので、木曜日にご相談いただいて土曜日には作業させていただきました。臨機応変で柔軟な対応と、ご依頼者様のご要望に沿ったプランのご提案は、当社の強みです。


これから暑くなると、孤独死リスクも増します。それに伴い、特殊清掃のお問い合わせも増えてきます。なにかお困り事があれば、お気軽にご相談くださいね!





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。