自分の死後、誰が火葬や役所手続きをしてくれるか不安な方へ


遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。当社は福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で生前整理のお手伝いをしています。


生前整理や終活のお手伝いをするなかでよく耳にする不安の一つが「自分が死んだ後、誰がもろもろの手続きをするのだろうか?」というものです。近くにご家族がいればご家族が行ってくれますが、一人暮らしの場合は不安に思いますよね。


今回は、そんな不安を和らげてくれるかもしれない方法として「死後事務委任契約」についてお話します。

死後事務委任契約とは


「死後事務委任契約」とは、生前のうちに亡くなった後の手続き、葬儀、埋葬に関することについて委任しておく契約のことを言います。専門家や信頼できる人に「自分が死んだ後の手続き」をすべてお願いするということです。内容は契約ごとに柔軟に決められます。


死亡した人に家族があれば、その家族がすすめるのが普通ですが、さまざまの事情で「誰も死後の手続きをしてくれる人が見当たらない」場合もあると思います。万一の際、自分の後始末を自分でできるように手配しておくというのは、安心して余生を送るためにも必要な暗転かもしれません。

どんな内容を依頼できる?

受任者と委任者の間で内容を柔軟に決めることができるのが死後事務委任契約の特徴です。具体的にどのような内容が依頼できるかというと、


・死亡届の提出
・友人知人、仕事の関係者などへの脂肪の連絡
・葬儀に関する手続き(火葬許可証、埋葬、散骨など)
・社会保険等の手続き
・病院などの手続き
・住居の手続き
・勤務先の手続き
・車両の手続き
・各種サービスの解約・精算手続き
・デジタル遺品の処分・対応


などです。最近は「デジタル遺品」に関するトラブルも頻発しているので、予めパスワードやアカウント情報を共有しておいて、死後にやってほしい内容をまとめておくという需要も増えているようです。

誰に依頼できる?

友人知人や専門家など、依頼できる人の幅は広いです。ただ、自分の死後のことなので、自分自身は契約内容がしっかり執り行われたかを見届けることができません。そのため、信頼できる人に依頼するほうが安心と言えます。


専門家(弁護士、司法書士、行政書士など)に依頼する場合は費用がかかりますが、相続などに発展しそうな場合、身近に依頼できる人が思い当たらない場合などはとても信頼できる依頼先となります。

「家族に見られたくないものがある場合」にも有効?

死後事務委任契約は主に身寄りのない方や、親族と疎遠になっている方のための契約形態ですが、実は「家族に見られたくないものがある場合」にも有効に使えます。


バレると困る品物(不倫相手からのプレゼントや見られたくないPCデータ、隠して借りていたマンションなど)がある場合は、死後事務委任契約に含めておくと、家族に余計な詮索をされずにすみます。

死後事務委任契約を考えることで、よい老後を


死後事務委任契約は、その契約内容を考えていく上でこれまでの人生を振り返ることができます。エンディングノートを作るように(専門家に依頼するので、あるいはそれ以上に)自分自身の人生を振り返り、死後に備えることができます。


万一の不安がなくなるという点でも、死後事務委任契約を結ぶメリットは大きいです。今は依頼するつもりがない・・・という場合でも、どういった内容を依頼することができるのか、費用はいくらくらいなのかを考えておくだけでも、いざというとき役に立つかもしれません。


契約内容を考えていく上で、ついでに不要なものを生前整理したい・・・というご希望が出てきたら、是非当社の生前整理サービスの活用もご検討ください!





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。