仙台の遺品整理・特殊清掃はクヨカサービス

若い世代にも「デジタル終活」が重要な理由 家族への負担を減らし、プライバシーを守るコツ



遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。当社は福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で生前整理・遺品整理のサポートを行っています。


遺品整理・生前整理の中で最近トレンドとなっているのが「デジタル遺品」に関する整理、つまり「デジタル終活」です。今や重要なデータはすべてパソコンやスマホの中という人も少なくないはず。デジタル機器の中のデータは目には見えないので、何も対策をしていなければ大きなトラブルにつながりかねません。終活というと高齢者向けの話題と思われがちですが、デジタル終活は若い世代こそ気をつけておきたいテーマです。


今回は、デジタル終活の必要性についてお話します。

目には見えないから「デジタル遺品」の対策が必須


デジタル終活とは、デジタル遺品についての死後の取り扱いを決めることを指します。デジタル遺品を簡単に言うと、スマホやパソコンなどのデジタル機器に保管されているデータや、インターネット上のサービス利用情報のこと。写真や動画などの思い出データの他、SNSやインターネット銀行などネットサービスのアカウント情報も含まれます。


年代を問わずスマートフォンも普及している中で、デジタル遺品の量は増える一方。しっかり準備をしておかなければ、思わぬトラブルに巻き込まれる危険性があります。

「デジタル遺品」トラブルが多い理由

デジタル遺品関連のトラブルが多い理由は、デジタル遺品は「目には見えない」ので、遺族による管理や把握が難しいからです。


例えば、通常の遺品であれば、通帳や有価証券、保険証券などが現物で残されています。もし相続が発生した場合でも、遺族はそれらの情報を探し当てれば、資産状況を把握できます。


しかし、デジタル遺品はパソコン・スマホの中のデータや、インターネットサービス上に情報が残されているので、簡単には確認できません。例えば、インターネット銀行、ネット証券、スマホ決済の残高、SNS上の交友関係、電子書籍など。今時分の使っているサービスも、「自分しか存在を知らない」というものがほとんどではないかと思います。

「デジタル遺品」でよくあるトラブル

デジタル終活を全く行っていないと、次のようなトラブルに巻き込まれる危険性があります。


・スマホ・パソコンにログインできずに多額の費用がかかる
大切なデータを確認したいと、遺族がスマホやパソコンのログイン情報を確認するために業者に高いお金を支払わなくてはいけなくなります。数十万かけてもパスワードが分からないことも…。自分としては「見なくてもいい」と思うかもしれませんが、遺族にとってはその判断もできないため「とりあえず中を見たい」と思ってしまうのです。


・ネット銀行・証券口座が残っていて相続で揉める
インターネット銀行などの資産情報がわからないと、正しい相続ができません。揉め事の原因になる可能性があります。


・追加費用が発生する
サブスクリプションサービスを使っている場合、適切に解約しなければ料金が発生してしまいます。株やFX取引をしていた場合、放置すると多額の追加証拠金などが発生する可能性もあります。


・友人・知人への連絡が遅れる
連絡帳はデータで管理している人も多いはず。SNS上のみでやりとりをするのも珍しいことではありません。いざというときに連絡先がわからないと、訃報を伝えることもできません。

デジタル終活こそ「アナログ」で


デジタル終活といっても、すべての情報を家族やパートナーと共有するのは嫌だという人もいるでしょう。プライベートなデータや、人に見られたくない情報があるのは当たり前です。だからこそ、必要な情報だけをまとめて伝えておくことで、かえって自分のプライバシーを守ることにもつながります。(相続や遺品整理として必要な情報の在り処をしっかり伝えておけば、それ以外の場所や「見ないでほしい」と伝えたデータについては、そのまま削除してもらえる可能性が高いからです)


スムーズにデジタル終活をすすめるために、最低限やってほしいのは、スマホやパソコンのログイン情報の共有です。この情報は、できれば紙に書いてアナログで共有するのが間違いがなくオススメ。通帳等に挟んでおくというのも有事の際に伝わりやすいです。


その他、余裕があれば
・インターネットでの資産情報
・加入している保険の情報
・連絡してほしい友人たちの情報
・費用が発生しているオンラインサービスの情報
・自分の死後のSNSの対応
などもまとめておくと、遺族が悩まずにすみます。


若い世代の場合は、死亡だけでなく交通事故や病気で急に意思疎通ができなくなる可能性もあります。デジタル終活は、あらゆるリスクに備える手段でもあります。目には見えない情報たちだからこそ、事前の準備が大切です。この機会に、しっかり対応策を考えてみてくださいね。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。