仙台の遺品整理・特殊清掃はクヨカサービス

暖かくなって気になる「ペットの臭い」消臭はお任せください



遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。当社は福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で業務を行っています。また、家財道具の整理は伴わなくてもご依頼が増えているのが「消臭」です。お部屋の中のしつこい臭いがどうしても取れない方が、スポットでご依頼いただくケースです。


自宅物件の他、賃貸物件を次の人に貸し出す前の清掃の一環として、不動産会社・管理会社・大家さんからのお問い合わせも多い分野です。臭いの種類にはさまざまありますが、今回はその中でも「ペット臭」について取り上げたいと思います。

「ペット臭」が気になる理由


ペット臭と当社では呼んでいますが、犬や猫などを室内で飼っている場合の糞や尿を原因とする悪臭は、いくらペットを可愛がっている人であっても悩みの種になっています。特に、これから気温が高くなってくると、より悪臭を強く感じるようになります。


なぜなら、臭いの感じ方は湿度や温度に左右されるからです。(湿度が高いとニオイ分子が空気中に留まりやすくなり、かつ揮発性も高くなります。なので、夏にかけて悪臭を感じやすくなります^^;)


今お悩みの方は本格的な春や夏がくる前にしっかり対応しておくことがポイントになります。

ペット臭の原因



その場にペットが居るわけではないのに臭いが気になるのは、「過去に糞や尿が部屋の中にあった」からです。目に見える部分はきれいになっていても、ニオイのもとが部屋のさまざまな場所に染み込み、そこから臭いを発しているからです。ですので、ペット臭の消臭にあたっては、①まず汚れている部分の清掃②汚染が激しい部分については、クロスやフローリングの張り替え作業③オゾン脱臭機などによる消臭 という3つのステップで取り組む必要があります。


当社の場合も、高性能なオゾン脱臭機の噴霧をウリにした消臭作業を得意にしていますが、実際消臭の作業を行う上で大切なのは①まず汚れている部分の清掃②汚染が激しい部分については、クロスやフローリングの張り替え作業だと感じています。原因となる部分を取り除けていなければ、一時的には臭いが少なくなったと感じてもすぐに臭い戻りを感じてしまうからです。


ですので、今ペット臭に悩んでいる方は、消臭剤や芳香剤で場当たり的な対応を行うのではなく、まずは部屋の中の徹底的な掃除から初めて見るのがおすすめです。直接うんちやおしっこがかかったわけではなくても、ソファーやカーテンなどには臭い成分が入り込んでいます。これらを丸洗いしたり、買い替えたりするだけでもある程度効果を感じていただける可能性もあります。


それでも取れない臭いにお悩みの場合、当社の出番です。オゾン脱臭機でしっかり消臭を行います。薬剤を使うわけではなく、無害な方法なので、ペットやお子様がいるお宅にも安心です。

特殊清掃とペット臭

少し話はそれますが、ペット臭が問題になるのは特殊清掃が必要な現場も同様です。孤独死が起きた現場やゴミ屋敷が該当するのですが、飼い主と一緒にペットが亡くなっているケースや、多頭飼育による不衛生な環境で暮らしていたため、糞尿の臭いが悪化しているケースが見られます。


特殊清掃について描かれた人気漫画「不浄を拭う人」(作:沖田×華)でも、ペットがまつわる現場の特殊清掃についてのエピソードが出てきます。特殊清掃に携わる漫画の主人公でも、”トラウマ”になるレベルの壮絶な現場です。


どのような現場であっても、丁寧に清掃し、しっかりと消臭するのがわたしたちの仕事です。特殊清掃を伴う現場でも、消臭だけのスポット作業でも、臭いにお悩みの方はお気軽にご相談ください。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。