仙台の遺品整理・特殊清掃はクヨカサービス

遺品整理のゴミ回収・不用品処分の方法とタイミングは?遺品片付けのプロが解説


遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。
当社は福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で遺品整理のお手伝いをしています。


遺品整理は、できる限り自分でやりたい!という方も多いですよね。当店も、ご依頼者様のご要望に応じてさまざまな段階のお手伝いをしています。仕分けから手伝ったり、遺品整理のごみ回収・不用品処分だけ依頼されることもしばしばです。


遺品整理事態には前向きに取り組めても、「ゴミ回収」の部分だけがネックになっているというお悩みもよく耳にします。ここでは、さまざまな遺品整理現場を手伝ってきた経験から、「遺品整理のゴミ回収・不用品処分の方法とタイミングは?遺品片付けのプロが解説」ということで、スムーズに遺品整理とゴミ回収・不用品処分をスムーズに進めるための方法をご紹介します。

遺品整理で出たゴミ回収の方法


遺品整理をすると、たくさんのゴミ・不用品が出ます。思い出の品や大切に引き継ぎたいものは親族で形見分けをしますが、どうしても手放さなければならないものも多いからです。特に、故人が住んでいた家を引き払う必要がある場合は、家具家電など大型の家財道具も処分する必要があります。(賃貸物件の場合、特にスケジュールがタイトで困っている方が多いです)


遺品整理のゴミ回収の方法としては、大きく①自分で片付ける②業者にゴミ回収を依頼するの2つの方法があります。


遺品整理にどれくらいの時間や体力を割くことができるのか、資金的な余裕があるか、というご家庭の事情に合わせて、処分方法を選んでいく必要があります。

遺品整理のゴミ・不用品を自分で片付ける

まず、誰でもすぐにできるのが、「自分で片付ける」という方法です。普段のごみ捨てと同様、自分で処分するゴミを分別し、自治体の回収スケジュールにあわせてゴミ出しをします。時間を掛けて片付けられる人にとっては、(「人件費」という考えをおかなければ)、費用も最低限に抑えられます。普通のゴミであれば、ごみ袋費用くらいで済みます。


ただ、大型の家財道具や通常のゴミ回収で収集してもらえない不用品が出た場合は、クリーンセンターに持ち込むなど、別の手間が発生します。自宅に回収に来てもらうときでも、手数料券を購入し大型ゴミ(粗大ごみ)を自宅前に運び出しておく必要があり、女性や高齢者の場合は太刀打ちできません。


ごみの分別や回収スケジュールは、自治体によって大きく変わります。ご家族が違う自治体に住んでいて、遺品整理のために通っている場合は、分別方法が違ったりゴミ出しのタイミングが違ったりしてトラブルになります。(ゴミ出しトラブルは、ご近所問題にも発展します・・)


処分するゴミが少ない場合は自分で片付けても問題はありませんが、「違う自治体から遺品整理に通っている」「片付ける量が多い」という場合は、自分で進めるとトラブルに発展しがちなので、業者の手を借りることをおすすめします。

不用品回収業者にゴミ回収を依頼する

業者にゴミ回収を依頼する時に、候補先として挙がるのが「不用品回収業者」と「遺品整理業者」です。まずは不用品回収業者について解説しますが、結論から言うと、遺品整理のゴミ回収としてはあまりおすすめできないのが不用品回収業者です。


不用品回収業者は、捨てるものが明確に決まっている場合にお得な業者です。例えば、「このタンスと冷蔵庫と洗濯機を処分したい」という場合であれば、すぐに回収してくれる業者に依頼するのがスムーズです。ただ、「遺品を仕分けながら不用品だけ片付けてほしい」という場合は、一緒に片付けてくれるわけではないので、トラブルにつながります。捨てるつもりではなかったものを廃棄されたり、遺品をぞんざいに扱われたり…何かと消費者トラブルも多い業界です。


費用トラブルも多いので、訪問営業で来た不用品回収業者にその場で依頼したり、比較検討せずに最初に見つけた業者に依頼したり・・・ということは避け、慎重に業者を選ぶようにしましょう。


ですので、捨てるものがはっきりしている場合以外は、後述する遺品整理業者へのゴミ回収を検討されることをおすすめします。

遺品整理業者にゴミ回収を依頼する


単なる不用品回収ではなく「遺品整理」を前提にしたゴミ回収なら、遺品整理業者への依頼がおすすめです。いくら処分すると決めても、故人が大切に使っていたものばかりなので、ぞんざいに扱われると悲しいですよね。遺品整理業者であれば、ご遺族の気持ちに寄り添った作業を行いますので、回収するもの一つひとつを丁寧に扱ってくれます。


また、遺品整理は、ご遺族が行うと「故人との思い出が頭をよぎり、なかなかスムーズに進まない」という特徴があります。遺品整理業者が間に入ることで、判断に悩む場合はアドバイスを入れながら、スムーズに進めることができます。遺品整理中に「貴重品や思い出の品の在り処をすべて把握できていないから、探しながら進めたい」というのもよくある悩みですが、遺品整理業者はこういった捜し物も得意にしているので、自分で片付けながら探すよりも、時短になります。


遺品整理はいつまでに終えないといけないというルールがあるわけではないので、自分たちだけで進めるとついつい長期化してしまいがちです。片付けやゴミ回収をプロに依頼することで、短期間で遺品整理を終えられます。あとは、大切に引き継ぐものだけが残されるので、かえって故人との思い出を振り返るじかんを大切にできます。

宮城・福島・東京の遺品整理ゴミ回収はクヨカサービスに


宮城・福島・東京で遺品整理をお考えの方は、クヨカサービスにおまかせください。「遺品整理士」という資格を持ったスタッフが、ご遺族の気持ちに寄り添いながら、ご遺品の仕分け、搬出、ゴミ回収をワンストップで行います。


ゴミ回収にあたっても、まだ使えるものや価値があるものについては、積極的に買取査定を行っているので、処分価格も抑えられます。


ご遺族だけで抱え込むと、なかなか進まないのが遺品整理です。プロの手を上手に借りて、ゴミ回収や片付けを進めてくださいね。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。