仙台の遺品整理・特殊清掃はクヨカサービス

ご相談・お見積

無料

電話受付時間

9:00~20:00

実家を片付けたい!親を説得するポイントや片付けを進めるコツを紹介します


遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスでございます。


帰省するたびに片付けのことで喧嘩になってしまう。そもそも荷物が多すぎてどこから手を付ければ良いか分からないなど、年々モノが増えていく実家を、どう片付けたら良いかというご相談をいただくことが増えてきました。


必要なものがどこにあるか分からず荷物が積み上げられた中で暮らすのは、ホコリや害虫など衛生面の問題にくわえて、防犯や防災の観点から見ても危険なことです。この記事では親を円満に説得して片付けを進めていくには、どうしたら良いか考えてみたいと思います。

なぜ実家は年々散らかっていくのか


昔はきれい好きでよく掃除をしていたのに、今では足の踏み場がないくらいモノが積まれている。要らないものを捨てようと持ち掛けると怒ってしまい、話し合いにならない。こういった現象が起きる背景には、以下のような理由が考えられます。

・体力が落ちて片付けられない
・認知能力の低下
・物量が多すぎる


部屋数が多い家でよく見られるのが、生活空間はそれなりにきれいに整えているが他の部屋に使っていないモノや不用品を押し込んでいるというケースです。片付けというのは要不要を判断して適正に処分し、生活しやすいように物を再配置するという高度な作業です。体力や認知能力に衰えがみられる高齢者にとって、広い家を片付けるというのは非常に負担がかかる作業になります。


認知能力の衰えは、モノの要不要を判断する能力にも影響を与えます。「まだ使えるから」「なにかに使うかもしれない」といってモノを溜め込んでしまうのは、モノを大切にする親世代特有の考え方にくわえて、判断能力の低下が関係している可能性もあるのです。

片付けをスムーズに進めるために知っておきたい〇つのポイント



実家を片付けようとするたびに「まだ使えるものだから」と拒否されてしまい、片付けが全く進まないというのはよくある話です。子どもの立場からすると限られた帰省の中でできるだけ片付けておきたいし、モノであふれた家に親を住まわせておくのも心配ですよね。


それなのに片付けの話をするたびに喧嘩ばかりで、心が折れてしまうというお声もよく耳にします。親世代の気持ちや年齢による変化に寄り添いつつ片付けを進めるには、以下のようなポイントに留意することも大切です。

加齢による変化を受け入れる


年齢を重ねた人は、目に見える変化を嫌がる傾向があります。また、同じ環境で長く生活していると不便なものや危険に気づきにくく、改善しようという考え自体が浮かんでこないこともあります。不要なものを捨ててすっきり暮らしてほしいと考える子ども世代と、考え方が根本的に違うということを知っておくべきでしょう。


「今まではできていたのに」と苛立ってしまうこともありますが、正論で言い負かそうとするのは禁物です。加齢により判断力や認知能力が落ちていることを踏まえて、時間をかけて感情面に寄り添っていくことが大切です。

アプローチを変えてみる


同じ事柄を指していても、言葉の選び方で印象は大きく変わるものです。生前整理のために片付けをしてほしいという本心はいったん置いておいて、アプローチの角度を変えてみましょう。

「地震が起きた時に、箪笥の近くで寝てると危ないよね」や「貴重品を整理して持ち出し袋を作ってみない?」など、防災や時事問題に寄せて話してみるのもひとつの選択肢です。

自分の部屋から片付ける


家を出る前の子ども部屋が残っている方は、まずは自分のものから整理を始めるのもおすすめです。置いたままになっているアルバムや雑貨類などを片付けて、すっきりさせてしまいましょう。
きれいに片付いた部屋を実際に見せることで、片付けへのプラスイメージを持ってもらう効果も期待できます。

「捨てる」からスタートしない片付け


実家の片付けで覚えておかなければいけないのは「実家はあくまで親の家である」という点です。明らかに不要なものであっても、了承を得ずに荷物を処分してしまうのは絶対に避けましょう。


要不要は親に判断してもらうのが大原則ですが、なかなか判別がつけにくい場合やストレスを感じているように見える場合は、一時保留にしておくという方法もあります。これは段ボール箱に一時保留にしたものを詰め、一定期間が経ったあとでもう一度見直すというものです。ある程度時間を置くことで、あっさり手放すことに同意してくれるケースも少なくありません。


事前に子ども部屋の片付けが終わっていれば、一時保留部屋として活用できます。とにかく捨ててモノの物量を減らすのが片付けの基本ではありますが、親の気持ちに寄り添って臨機応変に対応していくのが、片付けを成功させるポイントといえそうです。

あえて他人を介在させることでうまくいくケースも


実家の片付けを進めていくコツについてご紹介してきましたが、荷物が多すぎて手に負えないケースや、急な施設入所や入院で時間も人手も足りないということもあります。そんなときは、生前整理を専門に請け負っているプロの業者に依頼することをおすすめします。


親とともに片付けを進めている場合も、親子であるがゆえにうまくいかないこともあると思います。あえて他人である業者を介在させることで、双方が冷静になって作業を進められるというメリットもあります。


クヨカサービスは福島・仙台・東京・埼玉・神奈川で生前整理に関するご相談を受け付けております。実家の片付けでお困りの方は、ぜひ当社までご相談ください。業務経験豊富なスタッフが、お客様のご事情に合わせて最適なプランをご提案いたします。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。