仙台の遺品整理・特殊清掃はクヨカサービス

ご相談・お見積

無料

電話受付時間

9:00~20:00

遺品整理 自力で片付けるのとプロに依頼するのどっちがお得?



遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスでございます。当社は仙台市を中心に宮城県全域、福島県・岩手県・山形県の一部エリアにて遺品整理のご依頼を承っております。


親しい方が亡くなり、葬儀等を終えた後に取りかからなくてはいけないのが遺品整理です。しかし葬儀の疲れや悲しみで、なかなか遺品に手を付けられないというお声もよく耳にします。


遺品整理は自分達だけで行う方法と、プロの遺品整理業者に依頼する方法があります。二つの方法にはそれぞれにメリットとデメリットがありますが、どちらが向いているのでしょうか?この記事ではそれぞれのメリット・デメリットを当社に寄せられたご相談などの実例を交えて解説しています。

自力で遺品整理をするメリット・デメリット



遺品整理は全ての工程を自分たちだけで行うことも可能です。しかしここで大前提になるのが「遺品整理には人手が必要」という点です。遺品整理を行う部屋の規模にもよりますが、冷蔵庫やベッドなどの大物家具を搬出したり大量に出る不用品を片付けるのは思っている以上の重労働です。


・頼れる人手がほとんどない、もしくは自分しかいない
・作業に割ける日数が少ない
・大物家具を搬出するための手段がない
・遺品整理を行うのがエレベーターのない集合住宅である


以上にひとつでも当てはまる場合、自分たちだけで遺品整理を行うのは非常に困難だと思ったほうが良いでしょう。
これから解説するメリットとデメリットは、以上の4点をクリアしたものとしてお読みくださいね。

自分たちで遺品整理を行うメリット


自分たちで遺品整理を行う大きなメリットとして挙げられるのが、費用面です。仕分けや箱詰め、搬出、廃棄、清掃までをすべて自分たちだけで行うので人件費が不要です。必要なのは不用品の廃棄に伴う費用と掃除道具などの費用など、業者に依頼するよりも安い費用で遺品整理を済ませられます。


・親戚総出で整理をしたので故人の思い出話に花が咲き、思いのほか楽しく作業が進められた。故人もきっと喜んでくれたと思う
・たまたま軽トラックを持っている知り合いがいたので、クリーンセンターまで廃棄する不用品を運ぶことができた。思ったよりも廃棄する不用品が多く、何度も往復するのが大変だった


このような経験談を寄せてくださったお客様もおられました。自分たちの都合に合わせて作業が進められるというのもメリットといえるでしょう。

自分たちで遺品整理を行うデメリット


自分たちだけで作業を行うということは、予想外の出来事が起きた時やスケジュールに余裕がなくなったときも自分たちで対応しなければいけません。遺品整理は最初に予想していたよりも、作業ボリュームが大きくなってしまいがちです。部屋の退去期限が決まっている場合、作業が予定通りに進まないと明け渡しに間に合わなくなる可能性もあります。


また、実際に遺品整理に手を付けてみると、故人との思い出がよみがえってしまい作業を進めるのがつらくなってしまったという方も多いようです。他にもこのようなお声が聞かれました。


・予想していたより荷物の量が多いだけでなく、捨て方が分からないものばかりでどうしてよいか分からなくなってしまった
・大量に残されていたアルバムを整理しようと思ったが、見ていくうちにどれも手放せなくなってしまい整理が全然進まなかった
・週末ごとに通って整理したが、休む間もなかったので遺品整理が終わったあと体調を崩してしまった
・どこに何があるか分からず、通帳や保険証書を探し出すだけで半日かかった


大切な人の遺品ですから、心を込めて自分たちだけで整理したいという思いはとても大切です。しかし、そのために遺された方が体調を崩したり苦労をするのは、故人にとっても心苦しいことなのではないでしょうか。
自分達で遺品整理を行う際は「決して無理をしない」ということを念頭に置いて作業計画を立てることをおすすめします。

プロに遺品整理を依頼するメリット・デメリット



次に、プロの遺品整理業者に作業を依頼する場合のメリットとデメリットを順番に見ていきましょう。この場合は前提となる条件は特にありません。
どのパターンの遺品整理にもあてはまるメリット・デメリットと考えていただいて大丈夫です。

プロに遺品整理を依頼するメリット


プロに遺品整理を依頼する最も大きなメリットとして挙げられるのが「時間と手間を大幅に節約できる」という点です。依頼する業者を決めて打ち合わせを済ませたら、あとは作業スタッフが仕分けから搬出まで全て請け負ってくれます。


自力で整理する時に起きがちな貴重品の紛失や、捨ててはいけない遺品を誤って廃棄してしまうといったトラブルを減らす効果も期待できるでしょう。また、多くの遺品整理業者は自治体のごみ分別ルールや廃棄方法に精通しています。どう捨てたら良いのか分からない不用品も、自治体のルールに従って廃棄してもらえます。


・遺品整理だけでなく、退去時に必要な手続きで見落としていた部分をアドバイスしてもらえてとても助かった
・自分たちだけでは悩んで手放せなかったものも、他人の手が入ることで冷静に判断できた
・引き出しの中や本棚の裏まで丁寧にチェックして、出てきた品物や現金も回収してもらえた
・退去まで日にちがなかったが、手早く整理してもらえたので心の余裕ができた


当社にご依頼頂いたお客様からも、以下のようなお声を頂いております。

一方、遺品整理業者に依頼するのにはデメリットも存在します。次の項では、依頼する前に知っておきたいポイントを解説しています。

プロに遺品整理を依頼するデメリット


まず、最も大きなデメリットとして出費が大きくなるという点が挙げられます。自分たちだけで整理をするのに比べれば、かなりの出費増になるのは確かです。しかその出費で時間と手間を大幅に節約して、別の作業に充てたり休息をとれるという考え方もできます。


当社を例にとりますと、設定している作業費用には仕分け作業費、処分品の処理、合同供養碑、養生作業費、水回り清掃費、遺品搬出後の清掃などの費用が全て含まれております。さらに、買取可能なご遺品は高価買取させていただきますので、その分の料金が減額できる場合があります。

そう考えると、デメリットと言い切れない部分もあるのではないでしょうか。


費用面と並ぶデメリットとしていわれるのが、悪徳業者の存在です。当社に寄せられるご相談の中にも、他業者とのトラブルに関するものが少なくありません。


・全て整理してくれるという話だったのに搬出には別料金が必要だと言われ、高額な料金を請求された
・見積もりを要求してものらりくらりとかわされて、執拗に契約を迫られる
・電話対応が横柄で、丁寧に作業してくれる気がしない


遺品整理業者は年々増加傾向にあり、比例してトラブルも増加しています。ウェブサイトや口コミで運営実態を把握する、事前に見積もりや作業内容を明確にしておくなどの対策が必要だといえるでしょう。

遺品整理にお困りでしたら当社にご相談ください



クヨカサービスは仙台市を中心に宮城県全域、福島県・岩手県・山形県の一部エリアにて遺品整理のご依頼を承っております。

遺品整理に関するさまざまなお困りごとがございましたら、ぜひ当社までご相談ください。業務経験豊富なスタッフが、お客様のご事情やご予算に合わせて最適なプランをご提案いたします。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。