「アルバムを探してほしい」「契約書が見つからない」遺品整理で探します!


遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。
当社は、福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で遺品整理や生前整理を行っています。


遺品整理をご依頼いただく中で、ご家族にご相談されることが多いのが、「モノが多くて、探しているものが見つからない」「業者に依頼するとすべて処分されてしまいそうで不安」ということです。


当社は、単なる不用品処分ではなく「遺品整理」のプロです。ご家族のご要望に従って、丁寧に仕分けをするので、その中で捜し物のご依頼も承っています。

今回は当社の遺品整理サービスのポイントの一つ、「きめ細やかな対応」についてお話します。

遺品整理の最大の難関「仕分け」



遺品整理の大きなポイントは、残すものと処分するものの仕分けです。持ち主は亡くなられているので、別の人間が判断することになります。さらに、整理を行う人が故人と別の場所に暮らしていたのであれば、「何が」「どれくらい」「どこに」あるかがほとんど把握できていない状態から進めなくてはなりません。


実際、最近増えている遺品整理のご相談は、「一人暮らしをしていた親族の家を片付けたい」とか「親がなくなったので、実家を片付けたい」というもの。同居していた家族の遺品整理であれば、ある程度場所や量が読めますが、別居の場合はそもそも現状把握が難しいという課題があります。


遺品整理を謳う業者の中には、不用品処分の作業がメインで、丁寧な仕分けをせずにどんどん処分していく業者もあります(実際、「頼んでいないものも捨てられた!」というトラブルも起こっています)。しかし、それでは遺品整理の目的が果たせていないと当社は考えています。

大切なのは、「遺品」を扱っている気持ち

遺品整理は、通常の不用品整理と全く異なります。ご遺族の気持ちに寄り添って、自分も家族の一員となったような気持ちで丁寧に作業を進めていく必要があります。なぜなら、遺品整理とは「供養」の一つだと考えているからです。


ですので、「必要なものはすべて運び出しているので、基本的にすべて処分していただいて大丈夫です」と言われた場合でも、細かく確認しながら分別していきます。例えば、衣類のポケットや鞄の中、引き出しの中身、ソファーの隙間などは必ず確認しておくポイントです。貴金属やお金、腕時計など、価値のあるものや故人の大切にされていたものが見つかるケースが本当に多いからです。数多くの遺品整理をしているからこそ、一般の人では気づきにくいところまで細やかに確認できるのは、プロにご依頼いただく大きなメリットです。

「探し物」もおまかせください


遠方にお住まいだったり、仕事が忙しかったりして、なかなか遺品と向き合う時間が取れない方も多いでしょう。業者に依頼する前に貴重品や大切なものをまとめておこうと思ったのに、うまく見つからなかった…というケースもあります。


当社は、打ち合わせで細かいご要望をお伺いします。例えば、「書類を探してほしい」「携帯電話がどこかにあるはず」「アルバムが出てきたら渡してほしい」など。もちろん、どんなご要望にも丁寧に対応させていただいています。


先日対応した事例でも、「卒業アルバムと、通信機器の一部を探してほしい」とのことで、探しながら作業しました。とてもモノに溢れたお部屋で、ご依頼者様も途方に暮れていたようで、「あのゴミの量の中、探し物も見つけて頂きとても感謝しています。」とおっしゃっていただきました。


https://cyoka-s.com/designs/20200518-2/
当社は、見積もりのときから作業時まで専任のスタッフが対応しています。作業は複数人で行いますが、作業前のミーティングで探し物の有無や注意事項をしっかり共有するので、ご安心して対応をおまかせいただけます。


遺品整理のお困り事があれば、何でもお任せくださいね!





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。