仙台の遺品整理・特殊清掃はクヨカサービス

コロナで変わる終活。子どもが考える「親にしてもらいたい終活」とは?


遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。当社は福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で遺品整理や生前整理を承っています。


コロナ禍で迎える年末年始。年末年始は普段なら帰省する方も多く、ご家族とゆっくりこれからのことが話せるタイミングなので、今年は自粛ムードなのが寂しくありますね。特に高齢のご家族がいる場合は、県をまたいだ移動はまだしばらくガマンとなりそうです…。私も、感染拡大地域に住む家族に会えず、寂しいお正月になりそうです。


さて、コロナの影響が後押ししてか、「終活」についての意識にも変化が見られます。ステイホームが叫ばれそうなこの冬だからこそ、お家でじっくり生前整理に取り組もう…と考えられている方も多いのではないでしょうか。


今回は、子どもの目線から「親の終活」について考えたアンケートについてご紹介。何からやろう?どうすれば子どもに迷惑をかけないかな?とお悩みの方は、参考にされてください。

60歳以上男女の“終活事情”


今回ご紹介するのは、株式会社bondsが行った60歳以上の男女/60歳以上の親を持つ男女1,055人を対象とした終活に関する意識調査。


参考:https://dime.jp/genre/1030394/


60歳以上の終活事情を見ていると、まだ準備をはじめていない人が全体の63.2%と大半を締めています。その一方で、全体の4割は何らかの行動を起こし始めているという状況です。どんな活動を始めているのかというと、


・不用品の整理(24%)
・延命治療などの意思表示決定(14.6%)
・相続手続きや遺言書の準備(11.9%)
・葬儀やお墓の準備(8.5%)
・エンディングノートの作成(7.9%)
・納骨や火葬の希望・要望(7.6%)
・メッセージを残す(6.4%)


という内訳です。コロナの影響がどこまで及んでいるかは分かりませんが、なかなか気軽に会うのが難しい、もしものことをより考えるようになった…という状況で、終活について積極的になった人は多いのではと予想します。


終活を進めていく中で、「家族に伝えたい本心や想いが出てきましたか?」という質問には、3割の人が「はい」と回答。自分の人生を見つめ直すことで、家族とのつながりをより感じるようになるのだと思います。そもそも、終活を進める人の目的として大きいのは、「家族に迷惑をかけたくない」という気持ち。コロナの影響で、より強く思うようになったのかもしれません。

子どもの本音!親にしてもらいたい終活とは?



いざ終活をはじめようと決意しても、なかなか「何から始めたらいいか分からない」という点でお悩みの方は多いです。


その方のヒントになりそうな、「親にしてもらいたい終活」についてのアンケート結果を見てみましょう。60菜以上の親を持つ男女が対象のアンケートなので、かなり現実に即している結果。迷っている方は、この項目の回答数が多いものから始めるのもよいですね。


・相続手続きや遺言書の準備(32.2%)
・不用品の整理(22.6%)
・葬儀やお墓の準備(11.4%)
・延命治療など意思表示の決定(9.0%)
・エンディングノートの作成(8.1%)
・納骨や火葬の希望要望(7.9%)
・メッセージを残す(6.1%)


生前整理、やるべきことは山のようにあるので、一気に終わらせようとは思わずに、少しずつ進めていくので良いと思います。実際、親が終活を始めたら、8割の子どもたちが手伝いたいと答えています。難しいところ、引き継ぐところは家族と協力しながら進めていきましょう。


生前整理を始めたとはいえ、まだまだ人生は長く続くので、毎年年末に進捗を確かめて、アップデートするところ(連絡先や考え方、利用サービスの状況などの確認)を変更していく…と続けていくのがおすすめです。


生前整理は自分で少しずつ進めていくのも良いですが、一気に片付けたいものがある場合(例えば、納戸や倉庫、押入れ、子供部屋)は、業者に依頼するのがオススメです。当社は生前整理のサポート事例が多く、貴重品などは適切に仕分けながら進めていきます。


年末年始にじっくり考え、生前整理を進めよう!と思った方、不要品の片付けでお悩みの方は、お気軽にご相談くださいね。





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。