仙台の遺品整理・特殊清掃はクヨカサービス

公営住宅(市営住宅・県営住宅)で孤独死…特殊清掃のお悩みを解決します。



遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。当社は福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で特殊清掃を承っています。その中でも、ご依頼が多いのは「賃貸物件」で発生した孤独死の場合です。


今回は、公営住宅(県営住宅や市営住宅)で孤独死が発生した場合、どうすればいいの?という点から、実際に当社が対応した特殊清掃事例をもとにお話しします。

賃貸物件の特殊清掃は、物件によって対応が違う



当社に依頼いただく孤独死案件は、賃貸物件で発生した事例が多いです。単身で賃貸に住まれている方が多く、お部屋を次の方が使えるように「原状回復」することが必須なので、特殊清掃業者のニーズが高いのかなと思っています。しかし、どの状態で退去すればいいのかというのは物件によって変わります。例えば、「特殊清掃は大家さんたちが行う」「業者に依頼して特殊清掃まで終えて引き渡し」など、遺族の側に求められる対応が違います。


ですので、まずは「大家さん・管理会社に対応を確認」というのがスムーズです。当社にご相談いただいた場合も、「どの程度の原状回復が必要ですか?」とご質問させていただくことがあります。


以前当社が対応した公営住宅の孤独死事例では、ご遺族が「何から手を付けていいかわからない」「公営住宅で、退去の方法もわからない」「あまり費用はかけられない」と困っておられました。そこで、当社が市営住宅を管理する住宅公社へ連絡し、ご遺族の代わりに確認を取りました。


その結果、「表面上の特殊清掃を行えば、床の解体やリフォームまでは不要(公社が対応)」という回答が得られました。そこで、当社は「緊急対応パック※」をご提案。短時間で簡単な特殊清掃と消臭を行い、ご遺族にお引渡ししました。


ご遺族は「自分たちも幼い時に住んでいた家なので、遺品整理は自分たちで行いたかった。迅速に他おいうしてもらえて助かった」とのこと。一番つらいタイミングにご相談いただき、少しでも力になれたのであれば、特殊清掃業者として冥利に尽きます。


※緊急対応パックとは
ご遺族や大家様が入室できる状態までの初期対応を行うプランです。一律料金で、時間がない・お金がかけられない方にオススメです。初期消臭や汚染箇所の清掃を行います。所要時間は、2~3時間程度です。完全に臭いを取ることはできませんが(表面上はしっかりキレイに清掃します)、中で作業をする分には問題ない状態になります。
https://cyoka-s.com/sub_services/02-1/


公営住宅の孤独死対応事例はこちら
https://cyoka-s.com/designs/20190416-2/

孤独死の対応でお悩みの方は、特殊清掃のプロに



当社は、孤独死現場の特殊清掃の実績が数多くあります。また、特殊清掃に関する専門知識を有した「事件現場特殊清掃士」の資格を持つスタッフがおり、ご遺体やお部屋の状況に応じて最適なプランをご提案しています。


今回は公社との兼ね合いもあり、短時間で完了する特殊清掃のパックをご提案しました。しかし、大家さんや管理会社の場合や持ち家の孤独死の場合は、そのお部屋がふたたび使えるようにするために、本格的な特殊清掃が必要となります。


当社は、汚染箇所の解体や畳・床の張替えなど、原状回復リフォームの作業にも対応しています。また、ご遺体の状況によっては家財道具にも臭いが染み込んでおり、「貴重品以外はすべて廃棄」が必要になるケースも多いです。その場合、特殊清掃と合わせて遺品整理も行うことができるため、当社にご相談いただくと片付けの手間を大きく減らすことができます。


特殊清掃に関する経験豊富なスタッフが、孤独死現場の対応に困っている方の不安を解消します。お困り方はご相談ください!





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。