仙台の遺品整理・特殊清掃はクヨカサービス

遺品整理業者の選び方は?失敗しない見分け方・良い業者を見つける方法



遺品整理・特殊清掃のクヨカサービスです。
当社は福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で遺品整理のご依頼を受けています。


遺品整理はまだまだ業界として歴史が浅く、昨今の流れから参入する業者も多い業界。つまり、業界全体として品質が安定していないという特徴があります。実際、消費生活センターにも遺品整理業者に関するクレームや相談が相次いでいるようです。


これは多くのお客様に信頼を得ている遺品整理業者にとって、由々しき事態です。そこでここでは、遺品整理士の資格を持つスタッフ擁する遺品整理業者の一つとして、「失敗しない遺品整理業者の見分け方」についてお話します。

遺品整理業者選びを失敗するとトラブルに



遺品整理業者、どこも同じと思われるかもしれませんが、違います。業界として明確な許認可や業務基準があるわけではないので、業者によってサービスや料金、対応の品質はさまざま。


では、いわゆる「悪徳業者」や「ハズレ業者」を選んでしまうとどうなるのか?実際、国民生活センターや消費生活センターはたくさんの苦情が寄せられています。


一例をあげます。
・強引な勧誘・作業の実施
・遺品を依頼者に確認することなく、勝手に処分
・作業が完了せず、途中で放棄
・作業を実施しなかったのに、返金不能
・高額なキャンセル料の請求
・作業後に高額な追加請求


業者選びを慎重に行わないと、金銭トラブルや遺品の誤廃棄トラブルに巻き込まれたり、そもそも作業が終わらないと行った本末転倒


参考資料:総務省の「遺品整理のサービスをめぐる現状に関する調査」
https://www.soumu.go.jp/main_content/000675388.pdf


※遺品整理のトラブル事例については、以下の記事でも触れています。
遺品整理のトラブル事例から考える、業者選びの注意点

遺品整理業者の見つけ方



候補となる遺品整理業者、どうやって見つけたらいいの?と思いますよね。見つける手段はたくさんありますが、実際に依頼した人の口コミがわかる「インターネット検索」が個人的におすすめの方法です。


ただ、下記の方法で見つけても、最初に見つけた業者に依頼するべき!というわけではありません。この後に信頼できる業者を見極めるポイントをお伝えしますので候補を見繕った上で、比較検討のステップに進んでくださいね!

インターネットで検索する

一番お手軽で、かつおすすめの方法はやはりインターネット検索です。比較サイト等もあるので、上手に使うことでエリア内の遺品整理業者を効率的に探せます。


「遺品整理業者 ○○(地名)」などで検索してみてください。

投函されたチラシを見る

遺品整理業者や不用品回収業者のチラシがポスティングされている場合があります。ポスティングされている=エリア内の業者ということなので、「近い」という安心感はあります。

新聞やフリーペーパーの広告欄を見る

地域密着型の遺品整理業者の場合、新聞やフリーペーパーなどに広告を出していることがあります。地域の新聞を取られている方は、隅々まで気をつけて目を通してみてください。

信頼できる遺品整理業者の選び方は?

遺品整理業者選びで失敗しないためには、事前の「見極め」が重要になります。その際に、信頼できる業者を見つけるポイントをご紹介します。


下記のポイントを参考に、複数の業者に見積もりを依頼し、料金や作業実績などをもとに選ぶことをおすすめします。

「遺品整理士」の資格がある

遺品整理業を行うには必要となる資格や許認可はありませんが、遺品整理に関する知識があることを証明する資格として「遺品整理士」という民間資格があります。


この資格を持ったスタッフが在籍している業者であれば、遺品整理ならではの気配りや丁寧さを持って作業してくれるので、まず安心です。遺品整理は単なる不用品処分ではなく、「供養」の心を持って作業することが大切だと思っています。


遺品整理士は、遺品整理についての知識、ごみの分別やリサイクルについての知識を持ち、供養の心で作業してくれるので、依頼する上で最適な相手です。

料金が明確で、分かりやすい

遺品整理業者の料金は様々です。料金の決め方も「部屋の広さ」「処分するものの量」「パック料金」などありますが、いずれにしても根拠を持って、納得して依頼できる業者であるかを確認しましょう。


また、依頼や相談時に「見積書」や「契約書」をしっかり準備してくれるかを確認することも忘れずに。中には、口約束だけで作業を開始し、終了後には事前の約束以上の料金を請求されるというケースもあります。


基本的な作業料金だけでなく、作業後に追加料金が発生することがあるか、あるとすればどんな場合かなどを事前に確認できていると、想定外の追加請求というトラブルを防げます。

作業実績や口コミが豊富

遺品整理は単なる片づけと思われがちですが、たくさんのものを仕分けて短時間で搬出するには専門的なスキルが求められます。たくさん作業実績がある業者の方が、その分経験豊富で作業の品質が高いです。逆に、作業事例がわからない業者は、きちんと作業を完遂してくれるかがわからず、不安ですね。


ちなみに当社は作業事例を写真付き・実料金付きで公開中です。間取りや荷物の量でどのくらの料金になるかの目安にもなりますので、よろしければご覧ください。


> 遺品整理の作業事例を見る


また、「遺品整理業者名+口コミ」等で検索すると、Googleレビューや業者のWebサイトに記載されたお客様の声が見られます。お客様からの評価がすべての業界でもあるので、口コミを見て安心できるかどうかを比較するのもおすすめです。

オプション作業が豊富で、対応が柔軟

遺品整理はご依頼いただくご家族ごとに様々な事情があります。オプションサービスが豊富(か、柔軟な対応ができることをウリにしている)業者であれば、融通がきくので非常に安心です。


ちなみに当社の場合、遺品整理の基本パックには、仕分け作業費、処分品の処理、合同供養碑、養生作業費、水回り清掃費、遺品搬出後の清掃などの費用が含まれています。


これに加えて、ご要望に応じて以下のような対応を行った実績があります。
・遺品をご自宅に送る
・畳やフローリング、水回りのリフォーム
・解体工事(家屋、倉庫)
・立ち会いなし、無人での作業
・庭の草刈り、手入れ


実態のある会社である

これはレアケースですが、広告やチラシの業者の中には、実態のない怪しい業者もあります。存在の不確かな業者に依頼してしまうと、料金トラブルだけでなく、不法投棄などの問題に発展する場合も。


ホームページがあるか、GoogleMAP等で確認すると地図の場所に事務所(か、事務所の入っている建物)が確認できるかをチェックしましょう。

信頼できる遺品整理業者を選ぼう

遺品整理業者は、遺族だけで冠水するのは難しい作業です。自分たちで抱え込まずに、信頼できる業者を探し、依頼することが大切です。


良い業者を探すことができれば、自分たちでやるより早く、丁寧に、確実に遺品整理が終わります。供養まで行ってくれる業者を選べば、故人を弔うことにもなり、遺品を手放す際の遺族の心も前向きなものになります。


故人との思い出とのお別れとなる遺品整理。後悔なく作業を終えるために、今回ご紹介したポイントを参考に遺品整理を依頼する業者を探しましょう。


クヨカサービスは、福島・仙台・東京・埼玉・神奈川の各地で遺品整理のご依頼を受けています。相談や見積もりは無料ですので、お困りの方はお気軽にご相談ください!





お問合せメールフォーム

このページがあなたにとって役に立ったと感じたら下のボタンから共有をよろしくお願いします。